表紙 > 日本健康科学学会 > 日本健康科学学会倫理綱領

日本健康科学学会倫理綱領

平成18年10月28日制定

  1. 本学会は、健康を科学的に研究すること及びその応用を通じて、健康の理念の追求を図り、健康の維持増進に貢献することを目指す。

  2. 本学会は、科学的根拠に基づく健康に関する正しい情報の普及とその利用のあり方を追求する。

  3. 本学会は、健康を取り巻く生活環境変化による健康に関わる新たな問題の把握とその問題解決の実現に努める。

  4. 本学会は、健康科学の教育を行うとともに調査・研究を推進し、健康科学に関連する専門職の社会的な地位の確立に努める。

  5. 本学会は、関係団体との学際的な連携を図り、海外の専門組織との国際協力を推進する。

  6. 本学会は、科学者個人と科学者コミュニティが社会から信頼と尊敬を得るために、日本学術会議「科学者の行動規範」を遵守し、科学的知識の質の保障に努める。

  7. 本学会は、調査・研究の実施とその成果の発表(学会誌論文投稿、学術集会発表、講演会等の発表など)に際しては、本学会会則、本学会倫理綱領及び論文投稿規程を遵守し、プライバシーへの配慮のもとで行われることを求める。
上に戻る